DINING TABLES

ダイニングテーブル

ブラックウォールナットをはじめとした広葉樹無垢材から、
⼤理⽯、御影⽯、ガラスなどを⽤いたテーブルなど、
素材の魅力を存分に感じることができるテーブルをラインナップ。
空間や使う人の体格やお好みに合わせて、フルオーダーでご提案いたします。

DINING TABLES

table CORE(一枚板)

荒々しい耳付きの天然木を無機質で硬質な金属の上に乗せる。 その「一体感をデザイン」するシリーズ「Core」。 安直な和モダンからの脱却を計るには金属脚のデザインレベルがカギとなる。 <一枚板天板をお探しの方は、こちらのサイトをご覧ください> https://mukutable.jp

table SIN

大木を左右対称に切り開いて作る「ブックマッチ」テーブル。 左右対称の木目を細い一本の金属で分け隔てる。あえて木の耳(辺材)は落としてスクエアに整えた。 鈍く光る無垢の真鍮が格の高さを物語る。脚は本来金属のためのインダストリアルデザインをWoodで製作。

table Stone age

2枚の大理石や御影石を、石目が左右対称になるように切り開き、テーブルトップとして組み込んだ意欲作。 絵画にも似た芸術的石目は、この世に二つとない自然のドローイング。まさに一生もの。

table MASS

樹齢の高い大木からわずかにしか取れない50ミリ以上の天板を、 時間をかけて丁寧に乾燥し、職人の手で磨き上げた、宝石のようなテーブル。 通常のウッド脚の他に、足もとの自由度が高いスチールの一本脚も用意している。

dining table SIN

斜めに張り出した4つの脚が存在感を示す。 下段の木製棚は高さを変えられる。ぜひコレクションを飾ってもらいたい。 家庭のテーブルはもちろん、ショップの什器とも相性が良い。

table RIPE

初期アールデコ建築をベースにデザインされたテーブルRIPE。 繰り返されるスリットがダダイズムを連想させるが、 むしろマヤ文明に源流を持つF.L.ライトの影響が強い。

table A-T 2800

温かい触り心地があれば、無垢材テーブルに余計な装飾は不要。 むしろ冷たいくらいシンプルなデザインがよい。 無駄を一切削除することで強調される無垢材の質感。

table A-T 40t

シンプルなダイニングテーブルこそ、上質な無垢材の“一生モノ”を使いたい。 樹種、天板サイズ、テーブル高、脚形状がオーダーできるのはもちろん、 天板の木口面の形状も好みに合わせて選ぶことが可能。 画像はブラックチェリー無垢材。

table A-T 27t

画像はホワイトアッシュ無垢材を用いたダイニングテーブル。 もちろん、他の材でも自由にオーダー可能。 サイズ、高さ、脚形状など、とことん選んで 自分だけの一生モノを手に入れたい。

table A-T44

長く使うなら、ダイニングテーブルは華奢よりも頑丈さが大事だ。 分厚く挽いた44ミリの無垢材は家族の一生の土台となってくれるだろう。 眺めているだけで安心感のあるテーブルだ。

table RIPE round

丸テーブルは、1本脚が使い易い。木製では強度が心配な為、スチール製が世に多い。 確かな技術の裏打ちでそのネガティブ要素を払拭した。数少ない木製モノレッグ(1本脚)テーブル。

table VANITY

意欲的なアートピース。静かにそこにいるだけで絵になるたたずまい。 高さを低くしてリビングテーブルとしても製作可能。

table A-C

セミラックのバルコニー用テーブル。 傷や熱、そしてもちろん水に強い特徴から、用途は幅広い。 レストランの半外などにもお勧めしたい。脚はスタイリッシュなクロスデザイン。