A-FIX SYSTEMS

壁面収納

ミリ単位でオーダー可能なAREAオリジナルの壁面収納『A-FIX SYSTEM』は、
天然⽊をはじめ、さまざまな⾊、艶、仕上に対応。
限られた住空間を最大限に活用する収納力だけでなく、
空間ごとにデザイナーが描く意匠が、機能を超えたデザインの魅⼒を放ちます。

その空間のためにデザイナーが描く
ミリ単位のフルオーダーデザイン

空間を最大限に生かすため、収納という機能のみではなく、空間デザインの視点から経験豊富な専門スタッフの手によりデザインを描きます。柱や梁の凹凸やエアコン、通気口などに対して、ミリ単位の設計デザインでデッドスペースをつくらず、美しい納まりを実現することが可能です。

専門スタッフによる現場施工

AREAのフルオーダー壁面収納では、ミリ単位の設計製作を行うため、AREA現場担当スタッフの手により入念な現地調査を行います。設置箇所の寸法採寸、下地状況の確認、周辺設備との取合い、搬入ルートの確認、管理事務所との調整などを製作前に行わさせていただきます。製品の取付は原則としてAREA現場担当スタッフと家具専門の取付職人の手で行います。幅〜4m程度の標準仕様の壁面で、1日で取付が完了します。納品の当日からお使い頂けます。

安心の地震対策

壁から壁、床から天井までつくりあげられるA-FIX SYSTEMは、まず壁固定用の補強桟木を家具背面(設置箇所により天面や側面にも入れる場合もあります。)に取付け、その部材と壁面を下地箇所にビスで固定することにより、家具本体の転倒を防ぎます。(マンションの戸境壁などビス固定が不可とされる場合は、天井、側面側より固定します。)賃貸物件などの理由で、壁へのビス固定を避けられる場合では、天井と家具上面に隙間埋め桟木を現場取付し転倒を防ぎます。扉部分には、中から収納物の飛び出さないキャッチ金物を使用し、オープン棚などでも木製や金物による転び止めを取付けることも可能です。

A-FIX SYSTEMS

A-FIX SYSTEM Living

目指したのはブランドホテル以上のクオリティ。 自宅に居ながら自分のためだけにデザインされた世界一の空間を独り占めできるのは、 この上ない贅沢だ。

A-FIX SYSTEM Book board classic

カウンターとして突き出した下部は扉で隠す。中段は見せる。上部は格子でバランスを取り、その中は収納になっている。それぞれの高さが調和の取れた均衡を保っている。

A-FIX SYSTEM Grid

壁をグリットで均等割りし、ランダムに黒い箱(開き戸、引き出し、飾り箱)を差し込んでいる。 実用的でモダンなデザイン。

A-FIX SYSTEM GLAM

パターン別のボックスを壁に配置する新感覚の壁面収納。 それぞれのライフスタイルに合わせて構成を考えたい。 色の選択も自由自在。壁のクロスも含めて、その組み合わせは多岐にわたる。

A-FIX SYSTEM Open shelf

例えば、玄関からのアプローチをオープンシェルフで囲む。 高級レストランのキャットウォークによく見られる手法を自宅で楽しむ。

A-FIX SYSTEM Book shelf

縦板より横板が勝つというデザイン。 多少挑発的なフェイスになるが、安定感が増す。 細い金属の階段がコントラストとなっている。 書斎デスクのための作品。

A-FIX SYSTEM Living classic

AREA壁面収納(LD)の基本スタイル。1600角の大型引き戸がTV側に移動すると本棚が現れる。 右はデスクパートで、上部の格子部分はプッシュオープンの大容量収納となっている。ラグジュアリー溢れる壁面デスクはライトのon-offが可能。 ベッドルームで使うなら、本棚の代わりにワードローブの機能とチェストパートをプラス。 持ち運びの出来るトレーを6段付ければ小…

A-FIX SYSTEM Function

ミラーウォールシステムを使ったシステムデスク。 中にはTVが組み込まれていて、TVはもちろん、インターネット、ゲームなどマルチビジョンの対応が可能となる。 リビングを一歩先の未来空間へ。

A-FIX SYSTEM LD classic

単に壁に収納を作るのではなく、同時にデザインも作り込む。 この世界観は既成のパターンでは到達できないだろう。 2つとして同じモノが存在しない、その空間だけのオリジナルアートピースだ。

A-FIX SYSTEM Living 01

セラミックの扉を採用した壁面収納。 木の温かみとセラミックの無機質感が融合し、モダンな仕上がりとなっている。 現代的なマンションのLDとの相性が良さそうだ。

A-FIX SYSTEM Living classic

下段、中段、天袋という3段構成+両脇を縦ボックスで締めている構成。 非常にシンプルだが、奥行き方向にレベルを変えて凹凸を出しているため、より複雑な表情を見せることに成功している。

A-FIX SYSTEM classic storage / dining / kitchen

ダイニングボードに特化した大型壁面収納。 ボードと一体化したダイニングテーブルやワインケースなど各種様々な工夫がなされている。 キッチンを中心にライフスタイルを考える。そんな空間に最適だ。 (画像左部:ストレージ / 中央部:ダイニング / 右部:キッチン)

A-FIX SYSTEM Desk&Sofa

コーナーを美しく収めるには、現場作業が必須になる。 箱と箱がぶつかる奥角のスペースは大抵放置されがちだが、AREAにおいてはそこが隠しスペースとして活用される。 ソファやダイニングテーブルさえ収納してしまうと、部屋に置き家具は不必要となる。

A-FIX SYSTEM Second room

部屋の中にウォークインクローゼットを作る。 リノベーションの案件によく見られる事例。 人によって収納するモノは種類も量も異なるが、AREAでは人それぞれの形を作って対応するフルオーダーシステム。 クローゼットの中のシステム収納も人気が高い。

A-FIX SYSTEM Closet

ネクタイ、帽子、バッグ、シャツ…。 自宅のクローゼットに入る全ての要素に対して、専用の収納の形を与える。 ついついウォークインクローゼットに長居してしまうと好評だ。 人それぞれの持ち物に合わせて緻密に計算されて計画されるこの手のリノベーションはAREAのお家芸でもある。

A-FIX SYSTEM BED

日本の住宅事情から考えると、ベッドの配置変えはまず行えない。 それなら方向を決めてヘッド側の壁全体をヘッドボードにしてしまおう。 木、壁紙、石などさまざまな素材から選択し、照明をプランする。 世界でたった一つのベッドルームをデザインしよう。

A-FIX SYSTEM BED 01

あの憧れ高級ホテルを自宅に作り込む、きわめてリッチなベッドスタイルのセットアップ。 誰のためでもなく、自分の満足を追求し充足させることこそがインテリアの究極形なのだ。