sideboard HASHIRAMA Roubaizu

2015年に発表しAREAを代表する箱モノとなったsideboard HASHIRAMA. 生死を隔てる幽玄の世界を、藤芳兄弟が描いた新作「老梅図」。

A-Mirror

創業以来、常に人気の高いAREAオリジナルミラー。 グリッドの大きさや配置を組み合わせて作る自分だけのアートピース。

A-Picture Wall

同型の額を整然と並べる美しさ。そもそも、あるレストランのキャットウォークのために 開発された。

A-BED Royal

日本の色をテーマに抽出された色を配したヘッドボード。見事に空間と本棚にFIXするフルオーダーならではの仕上がり。

desk DLS

自分好みのカスタマイズ。 さまざまなシチュエーションで活躍する、モチベーションアップのマイデスク。

light KIKKO

日本の独楽をモチーフにデザインした照明シリーズ。 熟練の提灯職人とろくろ職人の手で作り上げられる、まさに日本の灯りといえる作品が生まれた。

floor lamp BLESSED STONE

その夜、静かに降りし天の光に選ばれた石。

sideboard HASHIRAMA Fujin・Raijin

日本でも人気のサイドボード『ハシラマ』の扉絵デザインを、炭色とともにパリ店用に描き下ろした新作。 風神雷神は良き者を助け悪い者を懲らしめる日本の神様です。 世のために役立つ人になれと云う教えが込められています。

sideboard Wabisuke no Niwa

緻密につくり上げられた箱に、自然物として石が配された様。 カウンター上を簡素な庭に見立てた。 日本建築と差物の技術が融合したAREAならではのサイドボード。

cabinet OKURA

漆喰職人による箱家具。伝統的なお蔵建築の技法が 贅沢に使われている。このお蔵に何を収める?

sideboard VANITY

ミニマルなスタイルを実現する指物師の丁寧な手仕事。 あらゆる空間にフィットするコンソールテーブル。

display cabinet YUKIMI

庭に雪が降る様子を暖かい室内から見る時、障子扉を開けるのではなく、 そっと上にずらして一筋の隙間を作って鑑賞する。そんな奥ゆかしい日本人の感性を、 コレクションボードに置き換えて設計デザインした作品です。

sideboard ROKAKU

日本の中世に建立された金閣寺、銀閣寺をモチーフにデザインされたリビングボード。 通し柱構造、高床式、三層建ての構造を持つ。 そこにあるだけで凛とした静けさを感じることのできる作品です。

corner board ROKAKU

パリ店用に描き下ろされた作品。 絡み合う建築物のような容姿はとても堂々としていて、驚くほど精密なバランスを保っている。 家具でありながら、オブジェとしての価値も持っています。

sideboard ALIENATION

緊張感のあるキュービックなボディ。 ひび割れから覗く、鉄紺から朱色へのグラデーション。 朽ちゆくものの美しさを新たな家具で表現。 「AREA Tokyo Design Award 2020」の受賞作を製品化した作品です。

THE WALL Matsutakazu

日本の絵師によって描かれた「松鷹図」。 空間に芸術作品を取り込む AREA 独自の手法により家具の領域を超えた。

fusuma ROUBAIZU

熟練の職人が作る日本の伝統的な建具「襖」に日本画を描く。

table KATOU MADO

中国からの禅宗寺院に多く用いられる意匠。 一枚板を支える一対の鉄脚は、自然と人とが協調する様を表している。

table HASHIRAMA

人の寿命よりはるかに生き、世界を見つめた大木で作るテーブル。 幾星霜の風雪に耐えた木目の一筋一筋がドラマであり、人智を超えたデザインです。 四角形の板と太い丸棒で構成された脚がその世界観を助長しています。

table STONE AGE round

6本のスポークが大小二つの円を小気味好く繋ぐ。 重厚な素材使いでありながら、軽やかな印象を与えるデザインは、さまざまな空間に調和する。

table X

無骨な鉄と木の貫。そんな野性的なフォルムの中に少々の気品を込めた。簡素で綺麗すぎる空間に 静かなインパクトを与えるだろう。

coffee table VOLCANO

ウォールナットの中でも特有の杢理が現れる、希少価値の高い“クラロウォールナット”。 一点モノの樹形の迫力を存分に味わうことのできる、70ミリ厚輪切りのリビングテーブル。同じものは二つと無い。

coffee table UMEBON

晩冬に咲く梅の花。生命力溢れるその様を、見事に幾何学化したカクテルテーブル。

THE WALL Yukimi

外光を取り込むがごとくグリッドパターンに配された雪見障子。 和の趣を壁面デザインで見事に表現した意欲作です。

SQUARE BOX

正方形のグリッド構成による組み合わせ自在なキャビネット。 AREA 人気の壁面収納 THE WALLと双璧となる魅力溢れる逸品。

Sliding Lattice Door

整然と並んだ縦格子が空間に精悍さと清潔感を与える。

byobu ROUBAIZU

部屋を軽く仕切るための衝立て。 私たちが生きている世界と死んだ後の世界、その間に大きく横たわる幽玄の世界を描いた作品。 この世界をわずかにでも覗く時、人とは?今生きている幸せとは何か?その本当の意味とは?そんなことを考えてしまいます。

table lamp A-s

交互に現れる直線と曲線で構成されたアウトラインが美しいスタンドライト。 4色のカラーバリエーションで和洋問わず使えるスタイル。

floor lamp ALIENATION

自然物と人工物。 対照的な素材で構成されたミニマルなフォルム。 デザインと機能が美しく融合した照明が誕生。

Flower base No no Ishi

とある僧侶が山道でふと見つけた、石を割って咲く花に 感じ入ったという故事からデザインされたフラワーベース。

mattress A

高級マットレスメーカーとして名高い日本ベッドとの協業で生まれたAREAオリジナルマットレス。 スクエアフレーム構造やベンチレーターの数などに独自の工夫が施されている。

desk DLS(A Legs + C leg)

自分好みにカスタマイズ。 さまざまなシチュエーションで活躍する、モチベーションアップのマイデスク。

desk RIPE

その昔、極東の島国にたどり着いたスペイン人の旅人が、その国の職人に造らせたデスク、というコンセプト。

chair A-4

明から伝わった造形思想が北欧で花開き、現代の日本でまた新しいうねりを作り始めている。 随所に見られる強いエッジが優しさの中にある意思の硬さを表し、AREA4 番目のチェアはさらに進化した。

chair A-5

古典モチーフを、より現代的にリ・デザインしたカウホーンチェア。 ツノの削り出しをすべて人の手で一本一本丁寧に仕上げる一生もの。

bar stool A-5

ダイニングと同じ寛ぎを得られる、立ち姿が美しい待望のA-5ハイチェア。

sofa EN

起伏ある「苑」に佇む起居様式の文化から生まれたアジア発のモジュールソファ。 床を含めた三階層のシーティングエリアは、空間の無限の可能性を気づかせた。

table_D

Black&Goldの六本脚。見た目の繊細さに反して強い剛性を持っている。ミッドセンチュリー系の 空間に相性が良い。

table_H/L

High&low。どちらにも対応できるベストセラー。

table 3Y

弧を描く弓をモチーフにしたスチール脚。さまざまなAREAのチェアとマッチする、使い易いテーブル。

personal sofa HUB

コックピット型のパーソナルソファ。 ゴージャスな座り心地を楽しみながら、手元デスクのPCを起動させたら、そこはあなただけのミニマル基地だ。

coffee table ISHIBUTAI

原始の石と木を荒々しく割って組んだローテーブル。 遠い異国の祭祀用の舞台をイメージしている。

chair A-15

時を超え、そこにあり続ける風格を持つ、モダンなデザインのチェア。 上半身を包み込むような座り心地。

chair A-21

ブランド初のスタッキングスツール。サイドチェアとしても椅子用のオットマンとしても使える。 横に細く長い形は、リビングのちょっとした場所や玄関などに置くと重宝するだろう。

chair A-23

成形体で薄く曲げられたビーチ材がバネのような「しなり」を生み出すことで、 フレームと座面が体重の動きに柔軟に対応。 背中から臀部までを優しく包み込み、長時間座っても快適。 肘あたりの良い3次元のリーフ形状のアームが、ラウンジチェアの魅力を引き立てる。

lounge chair A-25 “HASHIRAMA”

丸棒を直交に構成した無垢材ラウンジチェア。 ソファとは異なる床座の快適なスタイル。

chair A-26“GINZAN”

ある徳の高い僧侶が吹き溜まりの地「銀山」の隠れ家で愛用した思考のための椅子。 霧深い思索の旅に出るべき者はこの椅子に座ると良い。

chair A-27 D

ラウンジチェアの居心地の良さをそのままに、ダイニングで活躍できる新たなチェアの形。

lounge chair A-27

稜線と陰影に観られる丁寧な手仕事。 五感を研ぎ澄まし体感すべきその椅子は、我々に新たな居場所を与えてくれる。

chair A-29 "KABUTO"

丁寧に本革で球状に仕上げた包容力あるフォルムは、侍の面頬から着想した。そのチェアの名は「KABUTO」。

chair A-30

初代A-1の系譜を継ぐAREA30作目となる「chair A-30」。 唯一無二の大胆不敵なその様は、まさにAREAの「THE CHAIR」だ。

cabinet SIN

大型正方形の多目的ボード。四隅のツノと真鍮の取手、そして矢ばりにデザインされた木目ワークが特徴的だ。 標準仕様として3タイプの形を用意しているが、キュリオケースにしたり、ワードロープにしたり、カスタムは自由自在。

stately desk DAL

シンプルなシルエットと複雑なディティールの曲面が、カルチャーミックスとしての美術観を生み出している。

desk DLS(A legs + B legs)

自分好みのカスタマイズ。 さまざまなシチュエーションで活躍する、モチベーションアップのマイデスク。