CHAISES

La collection originale de chaises d'AREA est fabriquée par des artisans qualifiés qui utilisent des techniques traditionnelles de travail du bois. Les chaises sont conçues pour le confort et l'esthétique, mais aussi pour la durabilité et l'utilisation à long terme. La taille permettant de s'asseoir confortablement est également attrayante.

CHAIRS

chair A-4

明から伝わった造形思想が北欧で花開き、現代の日本でまた新しいうねりを作り始めている。 随所に見られる強いエッジが優しさの中にある意思の硬さを表し、AREA4 番目のチェアはさらに進化した。

chair A-5

古典モチーフを、より現代的にリ・デザインしたカウホーンチェア。 ツノの削り出しをすべて人の手で一本一本丁寧に仕上げる一生もの。

bar stool A-5

ダイニングと同じ寛ぎを得られる、立ち姿が美しい待望のA-5ハイチェア。

chair A-6“SIN”

罪という名のチェア。腰の後ろをホールドする座面と突き出したツノが鮮烈なイメージを残す。 削り出したアームのわずかな傾斜に人間工学の粋が現れる。

chair A-17

細い金属にチークを挟み込んだスタイリッシュなアイアンチェア。 ダイニングチェアにはもちろん、リビングにも、アウトドアでも使用可能。

chair A-10

日本の神社の造形美から想起して練られたデザイン。 笠木に直線の丸棒を配し、静かな中にも凛とした佇まいを見せる。

chair A-15

時を超え、そこにあり続ける風格を持つ、モダンなデザインのチェア。 上半身を包み込むような座り心地。

chair A-18

ブランド初のエクステリアチェア。 軽さ強さはもちろん、デザインの美しさも兼ね備えた作品。 店舗用からマンションのベランダまで幅広く対応する。

chair A-21

ブランド初のスタッキングスツール。サイドチェアとしても椅子用のオットマンとしても使える。 横に細く長い形は、リビングのちょっとした場所や玄関などに置くと重宝するだろう。

chair A-23

成形体で薄く曲げられたビーチ材がバネのような「しなり」を生み出すことで、 フレームと座面が体重の動きに柔軟に対応。 背中から臀部までを優しく包み込み、長時間座っても快適。 肘あたりの良い3次元のリーフ形状のアームが、ラウンジチェアの魅力を引き立てる。

lounge chair A-25 “HASHIRAMA”

丸棒を直交に構成した無垢材ラウンジチェア。 ソファとは異なる床座の快適なスタイル。

chair A-26“GINZAN”

ある徳の高い僧侶が吹き溜まりの地「銀山」の隠れ家で愛用した思考のための椅子。 霧深い思索の旅に出るべき者はこの椅子に座ると良い。

chair A-27 D

ラウンジチェアの居心地の良さをそのままに、ダイニングで活躍できる新たなチェアの形。

lounge chair A-27

稜線と陰影に観られる丁寧な手仕事。 五感を研ぎ澄まし体感すべきその椅子は、我々に新たな居場所を与えてくれる。

chair A-29 "KABUTO"

丁寧に本革で球状に仕上げた包容力あるフォルムは、侍の面頬から着想した。そのチェアの名は「KABUTO」。

chair A-30

初代A-1の系譜を継ぐAREA30作目となる「chair A-30」。 唯一無二の大胆不敵なその様は、まさにAREAの「THE CHAIR」だ。