CHAIRS

의자

전통의 장인정신을 바탕으로 숙련된 장인의 손길로 만들어낸
AREA의 오리지널 의자 컬렉션.
앉았을 때의 편안함과 외관의 아름다움은 물론 오래도록 사용할 수 있도록
내구성에도 신경을 썼습니다.
여유롭게 앉을 수 있는 사이즈 설정도 매력적이다.

CHAIRS

chair A-4

明から伝わった造形思想が北欧で花開き、現代の日本でまた新しいうねりを作り始めている。 随所に見られる強いエッジが優しさの中にある意思の硬さを表し、AREA4 番目のチェアはさらに進化した。

chair A-5

클래식한 모티브를 보다 현대적으로 재해석한 불혼 체어. 뿔을 깎아낸 부분을 모두 사람의 손으로 한 올 한 올 정성스럽게 마무리한 평생의 작품이다.

bar stool A-5

다이닝과 같은 편안함을 느낄 수 있는, 서 있는 모습이 아름다운 대망의 A-5 하이체어.

chair A-6“SIN”

罪という名のチェア。腰の後ろをホールドする座面と突き出したツノが鮮烈なイメージを残す。 削り出したアームのわずかな傾斜に人間工学の粋が現れる。

chair A-17

細い金属にチークを挟み込んだスタイリッシュなアイアンチェア。 ダイニングチェアにはもちろん、リビングにも、アウトドアでも使用可能。

chair A-10

日本の神社の造形美から想起して練られたデザイン。 笠木に直線の丸棒を配し、静かな中にも凛とした佇まいを見せる。

chair A-15

時を超え、そこにあり続ける風格を持つ、モダンなデザインのチェア。 上半身を包み込むような座り心地。

chair A-18

ブランド初のエクステリアチェア。 軽さ強さはもちろん、デザインの美しさも兼ね備えた作品。 店舗用からマンションのベランダまで幅広く対応する。

chair A-21

ブランド初のスタッキングスツール。サイドチェアとしても椅子用のオットマンとしても使える。 横に細く長い形は、リビングのちょっとした場所や玄関などに置くと重宝するだろう。

chair A-23

成形体で薄く曲げられたビーチ材がバネのような「しなり」を生み出すことで、 フレームと座面が体重の動きに柔軟に対応。 背中から臀部までを優しく包み込み、長時間座っても快適。 肘あたりの良い3次元のリーフ形状のアームが、ラウンジチェアの魅力を引き立てる。

lounge chair A-25 “HASHIRAMA”

丸棒を直交に構成した無垢材ラウンジチェア。 ソファとは異なる床座の快適なスタイル。

chair A-26“GINZAN”

ある徳の高い僧侶が吹き溜まりの地「銀山」の隠れ家で愛用した思考のための椅子。 霧深い思索の旅に出るべき者はこの椅子に座ると良い。

chair A-27 D

ラウンジチェアの居心地の良さをそのままに、ダイニングで活躍できる新たなチェアの形。

lounge chair A-27

稜線と陰影に観られる丁寧な手仕事。 五感を研ぎ澄まし体感すべきその椅子は、我々に新たな居場所を与えてくれる。

chair A-29 "KABUTO"

丁寧に本革で球状に仕上げた包容力あるフォルムは、侍の面頬から着想した。そのチェアの名は「KABUTO」。

chair A-30

初代A-1の系譜を継ぐAREA30作目となる「chair A-30」。 唯一無二の大胆不敵なその様は、まさにAREAの「THE CHAIR」だ。