LOW TABLES / SIDE TABLES

ローテーブル/サイドテーブル

リビングスタイルを引き立てる個性的なアイテムから、
スペースに応じてサイズオーダー可能なテーブルなど、充実のラインナップです。

LOW TABLES / SIDE TABLES

living table SIN

放射状に伸びる木部のツノが印象的なリビングテーブル。 ガラストップの下はマガジンラックや飾り棚として使用する。 楔の真鍮が気品を放つ。

living table D-n

外に張り出した真鍮無垢の脚を互い違いに配した個性的なリビングテーブル。 サイズ、石種が自由に選べるため、お気に入りを選択できる。 日本の金属工職人と石工職人のコラボレーションにより実現した。

living table D-s

外に張り出した真鍮無垢の脚を互い違いに配した個性的なリビングテーブル。 サイズ、石種が自由に選べるため、お気に入りを選択できる。 日本の金属工職人と石工職人のコラボレーションにより実現した。

t.l.t

日本の名門家具メーカー天童木工が製作を担当する3本脚の座卓。 表面のトップコートは、長年、日本の旅館の座卓を支えて来た堅牢さを持つ。 ソファ前や部屋の隅のディスプレイ用テーブルに、また和室にも相性よく、使い回しの良い一品。

Book board table

文芸書、雑誌、文庫本、CDの定型サイズから逆算して作った縦型シェルフ。ピッタリ積めば本の塔に。

side table VANITY grasp

細い金属フレームとウッドトップのコンビネーションが人気のシリーズ。 ソファの座面を挟む、グラスプタイプで使いやすい。

A-living table

シンプルデザインだからこそ引き立つ無垢材の質感。 リモコンなどのリビング小物はシェルフに。

Drawer living table

ソファ前のブラックボックス。細かい仕上が美しいプロダクト。木目の質感をモダンに解釈。

FIDELIO

六角形の柱を脱構築したリビングテーブル。 知的空間を演出するアクセントとしてコーディネートしたい。

Wood frame living table

太いグリッドで描くスクエアが力強く逞しいデザイン。 正方形でも長方形でも見栄えがするのは幾何学の美しさが普遍であるためだろう。

living table VANITY

メタルラインとガラス面。ミニマルの到達点。 ガラスの面取りを大きく取ることで均衡を保つ。

side table VANITY

二本脚の金属がガラスを支える。無駄を削ぎ落とした最小限の形。

Single grasp table

現代に見るランドスケープ建築がそのままミニテュアになったようなリビングテーブル。完成された世界観がもたらす安定感。

Single grasp side table

リビングのちょっとしたコンソールからベッド脇のナイトテーブルまで。幅広く使える賢い形。

Double grasp table

両側からグラスプ(握る)するリビングテーブルの形。応用すると、いろいろな形を製作可能。

side table DAL

モスクに見る美しい曲線を持つサイドテーブル。 横にした時と縦に置いた時で表情が変化する不思議な形。

side table RIPE

中世イタリアのサイドテーブルをリデザイン。ネオクラシック。シンプルに飽きた大人の選択。

living table RIPE

次の時代にアンティークとなるためには、確かな素材と熟練した名工の手技が必要となる。日本の職人による技術の結晶。

酒卓

古来日本には、持ち運びのできる酒卓というものが存在した。 現代のマンションや家具のどこでもいい、この折りたたみの小卓でお酒を飲んで欲しい。 小皿一皿、箸一膳そして杯一杯。そこは結界となり、あなただけの空間になるだろう。

side table lotus

大理石と真鍮で構成されたラウンド・リビングテーブル。上へ上へと力強く立ち上がる蓮の生命力が表現されている。 サイズオーダーが可能なので、大小さまざまをソファの周りに配置すると、より躍動感が表現できるだろう。